Yukiho Suenaga Official Website

プロフィール

ABOUT ME

アートってなんだろう。

上手に絵を描けるようになること?
休日の暇つぶしに美術館に行くこと?

もしそうだとしたら、絵描きになりたい人や週末の予定を埋めたい人を除いて、アートはあまり必要ない。

でもじつは、アートはそれだけではない。
それは、これまでとは異なる「ものの見方」で世界を見ることだ。

暖かい春の日、そよ風が吹いてきたとしよう。
もしあなたが「科学の見方」で風について考えるなら「気圧が高い方から低い方へ空気が押し出されて風が吹くのだ」と説明できる。

ではもし「アートの見方」をするならば?
頬を撫でる風が、柔らかな生き物のように感じられるかもしれない。
風に揺れる木々の音から、メロディーが心に浮かぶかもしれない。
優しい風に吹かれて、心が軽やかになるのを感じるかもしれない……。

同じ「風」からであっても、受け取れるものはこんなにも広がる。
「ものの見方」を変えると、新たな世界が見えてくる。
それはまるで、まだ見ぬ地への冒険のように、あなたのワクワクを掻き立ててくれる。

末永 幸歩  Yukiho Suenaga
アート教育者・アーティスト Educator / Artist

武蔵野美術大学 造形学部 卒業。東京学芸大学 大学院 教育学研究科(美術教育)修了。
現在、東京学芸大学 個人研究員。

東京都の中学校の美術教諭を経て、2020年にアート教育者として独立。
「制作の技術指導」「美術史の知識伝達」などに偏重した美術教育の実態に問題意識を持ち、アートを通して「ものの見方の可能性を広げ、自分だけの答えを探究する」ことに力点を置いた授業を行ってきた。
現在は、各地の教育機関や企業で講演やワークショップを実施する他、メディアでの提言、執筆活動などを通して、生きることや学ぶことの基盤となるアートの考え方を伝えている。

著書に、20万部超のベストセラー『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート思考』(ダイヤモンド社)がある。
プライベートでは一児の母。「こどもはみんなアーティスト」というピカソの言葉を座右の銘に、日々子どもから新しい世界の見方を教わっている。

講演|ワークショップ

PROJECTS & SPEECHES

学校

SCHOOLS

美術館

ART MUSEUMS

学会|研究会

ACADEMIC CONFERENCES

ビジネス

BUSINESS

社会一般

OTHERS

活動の写真

PHOTOS

PAGE TOP